一般質問通告書

 議員個々から市長をはじめとする行政に対して政策提案や指摘をする場が一般質問です。すべての議員が年4回の定例会で一般質問することができ、年間質問回数に制限はありません。 質問者があらかじめ議長に質問の趣旨などを知らせる「通告制」を採用しており、その内容に添って、持ち時間45分以内に一問一答方式で質問します。また、平成20年からは議場に設置されているモニターを使用して、写真やグラフなどを提示しながら質問を行うこともできるようになりました。

 なお、各会派代表議員が質問する「代表質問」は平成16年以降廃止しています。

 ここでは質問概要を記した通告書を掲載しています。詳しい質問内容は議会中継・会議録検索をご利用下さい。

最新の一般質問通告書

令和4年第4回登別市議会定例会 <詳細な通告内容>

 

12月5日(月)

 宮武 祥子 議員 

  1 中学校の運動部活動の取組について

 佐々木 久美子 議員

  1 一般廃棄物処理について

 

12月6日(火)

 今野 幹大 議員 ※モニター資料

  1 誰一人取り残さない災害対応力強化の取組について

  2 令和 12 年度以降のごみ処理施設の在り方について

 足立 知也 議員

  1 不登校について

 

12月7日(水)

 米田 登美子 議員 

  1 公共施設の在り方について

  2  規模太陽光発電施設全般について 

 井野 正臣 議員

  1 本市における行政運営・行政経営の取組と今後の在り方について

 

12月8日(木)

 千田 文孝 議員

  1 バリアフリー化について

  2 登別市障害者福祉関係団体連絡協議会の要望事項について

 田中 寛志 議員 

  1 まちの魅力の向上について